車売却時に必要となる書類について

車が不要になった、車を買い替えるといった際には車を売却することがあります。車売却には、売却するために必要な書類というものがあります。近々売却する予定のある方は、スムーズに取引を行うために事前に準備しておくことをおすすめします。もしも、買取業者などに買取査定だけを受けたいのでしたら、自動車検査証および自賠責保険証明書があれば大丈夫です。これらの書類は皆さん、車に常備されていると思いますので特に揃える必要はないはずです。その他、売却にあたり必要となる書類については、普通自動車の場合と軽自動車の場合では異なりますので注意が必要です。まず、軽自動車の場合ですが、自動車納税証明書と認め印、預託済みの場合はリサイクル券が必要になります。普通自動車の場合はこれに加えて、印鑑登録証明書と認め印ではなく実印が必要です。印鑑証明書は買取業者によって発行してからの期限や、枚数などが異なる場合があります。もし、自賠責保険証を紛失した場合は保険会社で、自動車検査証を紛失した場合は陸運局で、納税証明書を紛失した場合は各都道府県税事務所で再発行することができます。また、売却時と自動車検査証に記載されている住所が異なる場合には、住民票などその他の書類が必要になることもあります。